ヴォイス × Voice 


2016年4月6日

第1回 サッカー1級審判員 内田康博氏 2016年シーズン開幕を迎えて



私は2016年で1級審判として4年目になります。今年もJFL主審を担当させて頂きます。JFL主審も4年目となり勝負の年だと自分にいい聞かせています。今まで以上にトレーニングをこなし審判の勉強もしている日々です。3月にJFL担当審判員の研修を千葉県で受けさせて頂き新人1級審判員の若さにとても驚き刺激を受けました。そしてJFLのカテゴリーで年齢的にかなり上の方なんだと実感しました。ただそんな若手に負けないようしっかりトレーニングをしています。特に毎月末に行われる下関でのトレーニングはとても楽しく真剣に取り組んでいます。毎回スケジュールを組んでくださる小笠原さんには感謝の言葉しかありません。やはり審判員は人のために動けるのかが重要なんだと感じます。



私の今年の目標は審判員としての充実はもちろんですがもうひとつRA山口の活動を充実させたいと思っています。審判員はフィールドの中では絶対的に孤独です。ですからせめてフィールド外では蜜に関係をもって悩みや喜びを共有できれば審判活動がもっと有意義になるのではないかと思います。そのために微力だとは思いますが尽力していこうと思います。先日山口大学から東京に就職した小林君と久しぶりに会って色んな話をできました。彼も関東協会で審判活動を精力的に続けていました。この様な交流ができるのも審判活動の良い点だと思います。



審判活動から離れた話では趣味の将棋は今だにアマチュア1級と伸びていないので今年はもう少し真剣に勉強してレベルアップを図りたいものです。もうひとつの趣味ベンチプレスはようやく80kgが挙がるようになってきました。なんとか今年中には100kgが挙がるように頑張ります。色々な活動を真剣に取り組んで有意義な日々を過ごして行きたいです。

inserted by FC2 system