ヴォイス × Voice 


2016年5月2日

第3回 サッカー2級審判員 サッカー3級インストラクター 宮部智之 氏 

ゆりかごから墓場まで



(写真は10年前の教え子の写真です。昨年、その中のメンバーと一緒に公式戦のフィールドに立ちました。不思議な感じですが、サッカー文化が根付いている証拠だと実感しております。)



平成19年に2級審判員の資格を取得し、その後の「やまぐち国体」をはじめ様々な大会に審判員として関わることができました。そして、昨年は60歳以上の選手で行われる「ねんりんピック」の審判にも関わることができ、80歳の選手が元気にフィールドをかけまわるのを間近に見ることができ、大変感動しました。小さいころからボールを蹴り始めて、現在私は40歳・・・。あと40年後にフィールドで走り回る自分の姿がまだ想像できませんが、大きな目標となりました。



「サッカー」を通じて出会った仲間は、仕事だけでなく人生の面でも本当にいろんなところで助けていただいてます。 そういった意味では、RAJ(ラジャ-)という集まりは本当にざっくばらんで自由なやりとりができる仲間づくりの場だと思います。



昨年には、JFA主催のユース審判員育成研修にも参加の機会を得て、育成年代へのアプローチについて学ぶ事が出来ました。”ゆりかごから墓場まで”「楽しくサッカー」に関わり、まだまだ「サッカー」を通じて人生について学びたいと思っております。

inserted by FC2 system